出来立ての味噌汁は注がれない

日々の生活の中で、「パエリア」の立ち位置ってなんなんだろう。無関係って言える?「先生」は、アナタにとってどんな意味があるんだろう。

トップページ >

控え目に歌う子供と履きつぶした靴

水滸伝の北方版の血が通っていて男気熱い人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な作中人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に人間くさいもろさがうかんでくるのもまた、はまっていた理由だ。
弱いなりに自分の目標とか将来の為になるべく奮闘しているのが読みとおしていて楽しい。
読みふけっていておもしろい。
だけど、心ひかれる登場人物が悲しい目にあったり、希望がやぶれていく描写も心にひびくものがあるからはまる歴史小説だ。

雹が降った日曜の午後はこっそりと
ちょっとした出張で、日光へ行くこととても多かった。
北関東地方に位置する日光市は栃木県にあって、海に面していない県で、多くの山々に囲まれている。
そのことから、冬の時期には雪が多く、除雪車やチェーンが必要である。
秋に差し掛かると、東北道で、2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日という生活スタイルが多く、サイトなどの情報で日光の様子が紹介されると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見てほしい市だ。
紹介させてもらうと、見どころは日光東照宮。
あの有名な徳川家康の眠っている所で、境内の立派な様子に驚かされる。
それから、いろは坂を上りきったところにある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉らしく、白く、熱い温泉。
この温泉につかると、冷えにも良いと思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったようだ。
その様子は思い浮かべられる歴史深い栃木の日光。
東照宮の紹介も兼ね,ツアーブックにたくさん記載されているここ日光に、ぜひまた行ってみたいと思う。

騒がしくダンスする友人と草原

「間違いなくこうで当然だ!」と、自身の価値観だけで人を判断するのは悪い事ではないと思う。
けれど、世間には個性と言うものが人の周辺に浮いている。
これらを知ると自信を手に入れるのは必要だけど、あまりにも否定するのは良い事ではないのかも?と思う。
これ、個人の考えでしかないけれど。
生きにくい世になってもおかしくないかもしれない。

雲が多い月曜の夕暮れは食事を
今季は、海に行っていないが、家族でめっちゃ行きたい。
まだ、娘が2歳なので、砂浜で砂遊び程度とはいえ、想像するけれど喜んでくれると思う。
しかれども、まだ、オムツをはいているので、泳いでいる人の事を思ったら海に入れない方がいいと思う。
プール用オムツもあることはあるが、ニュースでも議論になっているらしいので。

騒がしく走るあの子と季節はずれの雪

旅でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
縁が深いのは、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女性はコスメブランドやファッションなど興味がある人も多いようだ。
韓国人は見た目、つまり外見を磨くことに関しての情熱は素晴らしいといわれる。
就職や、結婚の際に、日本よりもあからさまに判断するシーンが多いとか。
よって、韓国で販売される基礎化粧品は、美容成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
そのため、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待できるのではないだろうか。

雨が降る日曜の朝は窓から
今よりもかなり肥満体型だった時に、絶対欠かさなかったのがハニートーストだ。
その上、ディナーの後に4枚くらい食べた時期もあった。
最悪なことに同じ時期に、ポテトサラダにはまってしまい、肥満体型の世界へワープだったあの頃の私。
挑戦したダイエット方法が無謀なものばかりだ。
最初は、スープのみの食生活。
これは2週間程同じレシピのスープしか口にしないダイエットだ。
仕事場にまで水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
スープダイエットに断念して、豆腐を夜ごはんに置き換えるというダイエット。
それは、今の自分には無謀。
その後、2年ほどで栄養バランスを調えると、気付いたら元に戻った。
とにかく時間をかけてやるのが一番。

陽の見えない休日の深夜はひっそりと

集団検診は、例年どういうわけか引っかかる。
心臓だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを一気飲みして受けてみて、診断結果をもらうと、がんの疑念があり、即刻、再検査を下記の病院にて受けてください。
と記されてあったのには、あせった。
あせったというより心配だった。
急いで病院に診断されに原付で行ったら、結局、胃炎だった。
胃はかねがねきりきりとしていたので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文言で自分の名前と胃がんの疑義があると印刷されてあったらおっかなかった。

汗をたらして自転車をこぐ子供とわたし
仕事で親しくなった女性がいる。
変わった方で、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士まで持っていると聞いたような。
さすがにこのことを父に話してみたところ、君の勘違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と結婚し退職していった。

雨が上がった月曜の早朝に友人と

知らない者はいない見どころである、斑鳩寺、つまり法隆寺へ向かった。
法隆寺だけという伽藍配置も十分見学できて、五重塔、講堂も見せてもらった。
展示室で、国宝に指定されている玉虫厨子があり、想像よりも少しだけ大きかった。
このお寺に関して身につけるには多分、かなりの時を必要とするのではないかと考えている。

夢中で大声を出す姉妹と花粉症
この黒の一眼レフは、昨日、砂浜で見つけた。
当日、7月の終わりで、はじめで、例年通り暑くてたくさん汗をかいた。
パルコで買い物中、大好きな恋人と大喧嘩してしまい、今日は会いたくないと告げられた。
夜中、自宅からこの浜辺まで車でやってきて、海岸をじっと見ていた。
すると、少し砂で汚れたこの一眼レフに出会うことができたのだ。
拾って、好奇心でさまざまな様子を撮影してみた。
一眼レフの持ち主より、良い感じに撮れているかもしれないと思った。
恋人の可愛い笑顔撮りたいなー、とか、思った以上にピント調節ってうまくいかないなー、とか感じていた。
落ち着いて、どうにかして会うことができたら、恋人に僕が悪かったと謝るつもりだ。
元通りになったら、この一眼、交番に届けるつもりだ。

サイトコンテンツ



Copyright (C) 2015 出来立ての味噌汁は注がれない All Rights Reserved.
↑先頭へ