出来立ての味噌汁は注がれない

「麦茶」のことを好きという人もいれば、嫌いという人もいると思う。無関心な人も。あなたが考える「春巻き」はどう?

トップページ >

息絶え絶えで歌う彼と飛行機雲

仕事で必要性のある太い竹をコンスタントにもらえるようになり、渡りに船なのだが、歩けないほど多い竹が障害となっていてガンガン運び出してほしがっている土地管理者は、必要以上に竹を取っていかせようとするのでやっかいだ。
必要以上に運んで戻っても余ることになるのだが、太い竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強くせがまれる。
私も必要なものをタダでもらっているので、強く言われたら断れない。

夢中で話す兄さんと冷たい雨
ちょっとだけ時間に余裕が作れたので、HMVに出かけた。
新規でウォークマンに入れるミュージックを見つけ出すため。
この春、かなり楽しんだ曲が西野カナさん。
だいたい聞いているのは洋楽。
ワールドミュージックも魅力的だと思う。
なので、今日は借りたのは、alizeeだ。
甘いボイスとフランス語が良い雰囲気だと思う。

悲しそうに泳ぐ妹と紅葉の山

タリーズでもミスドでもさまざまな場所でコーヒーは飲める。
もちろん、オフィスでインスタントでも飲めるし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスターバックスだ。
共通してノースモーキングと言うのは、喫煙の嫌いな私にとってポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いを堪能できる。
価格もそれなりだが、最高の豆が使われているのでコーヒーにうるさい人には最高だ。
甘いもの好きには来るたびにコーヒーと、つられてスイーツなど頼んでしまうという落とし穴もある。

息もつかさず熱弁する友人と履きつぶした靴
普段より、仕事や家事に忙しく、なかなか空いた時間がない。
隙間の空き時間が手に入っても、だいたい次の仕事のスケジュールなど、今後の期限が頭の隅にある。
そんな状態で大きな休みがもらえると、とても喜んでしまう。
よ〜し、少しの休日をどうやって使おうかと。
だいたい、いつも、あれしたい、これも、という願いのみが募り、完全には達成できない。
中でも私はゆっくりペースなので、考えているうちに夜まで経過。
時は金なり、という言葉はまさに真実だと感じる。

どんよりした月曜の夜明けは外へ

甘い物がめちゃめちゃ好きで、バウンドケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、子供ができて作るお菓子が限られてきた。
私たち親がとっても楽しみながら口にしていたら、子供が自分も欲しがるのは当たり前なので子供も食べられるケーキを私がつくる。
私は、ガトーショコラが大変好きだけれど、娘には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが体にも良いと考えているので、砂糖とバターを少なくしてつくる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

寒い仏滅の晩は足を伸ばして
ネットニュースをいつも見るけれど、新聞を見ることも好きだった。
今は、無料で閲覧できるネットニュースがたくさんあるので、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間で多くの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで調べやすい点はある。
一般的な情報からつながりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国の債務不履行になるかもというニュースが気になる。
債務不履行状態になるわけないと普通思うけれど、もしそうなったら、他の国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

どんよりした水曜の夕方に外へ

娘の2歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどんなものにするかを迷っている。
妻と話して、体で遊ぶ遊具か頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決まらないので、ものを見て決めることにしたけど、これだというものがなかった。
けれど、こどもに近くにいかせてみたら、以外とすぐに決めることができた。
ジャングルジムに夢中だったので、これに決めた。
ただ、部屋が窮屈なので、小さくて折りたたみ可能なやつに決めた。
値段が、わりと安かったので、よかった。

夢中で吠えるあいつとファミレス
私はお肉があまり好きではない食生活は当然魚介類主な栄養になる。
なので、毎年夏の、土用の丑の日の鰻は、私にとってのイベントごとだ。
東京の方でウナギを開くときには、背開きという習慣が現在も続いている。
なんでか話すと、江戸の頃より武士の町だったので、腹開きにすれば切腹に通じてしまい縁起が悪いため。
反対に、大阪の方で開かれる分には、腹開きである事が普通。
というのも、西の方は商人文化の場所なので腹を割って話そうという事につながるから。
それでも、自腹を切るの取り方も通じるので、場所によってはタブーの時も。
というのも、西の方は商人文化の場所なので腹を割って話そうという事につながるから。
それでも、自腹を切るの取り方も通じるので、場所によってはタブーの時も。
この雑学は、旅行会社で働いていた時に、常に、お客さんに言っていた雑学です。
横浜駅より出発して、静岡県の浜名湖のうなぎを食べるために行くという内容。

雨が上がった平日の晩に熱燗を

友達のボーイフレンドが梅干し屋さんとの事。
都内に本部があり上海に支社もあり、関西の方に自社工場がある。
全国に定期的に、数人で組んだメンバーで試食会をするらしい。
夜中、これを聞くと、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言ったら、あ!あるよ〜!と言いながら出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、これまでで一番美味しかった。
という事で、早速はちみつ梅を注文してしまった。

陽気に自転車をこぐあの子と電子レンジ
中学生の頃、両親は、私の対人関係に対し大分無理を求めてきた。
一般より遠のいては良くない、とか。
非常に生きにくい時期だったと思う。
一日が過ぎると、日課のように、嘘の話を楽しそうに母に伝える。
これで、安心しているのだ。
周りと目立つと、嫌われる。
こればかり考えていた過去の私と母。
切ない話だと今は感じる。

サイトコンテンツ



Copyright (C) 2015 出来立ての味噌汁は注がれない All Rights Reserved.
↑先頭へ